知識から実際まであなたの忌み言葉マスターを全面サポート

忌み言葉の共通項と特殊項

忌み言葉を使わないというのは、自分が公式の席で恥をかかないということもありますが、相手に対する思いやりでもありますね。相手の忌み言葉を知ってそれを相手の前では発しないというにはどうすればよいのでしょうか?共通項の枠内にとどまるというのが一番安全な道ですね。

でももう少し思いやりをもって自分の言葉を使いたいという時にはどうすればよいのでしょうか?そこで役に立つのは言霊信仰やタブーの一般論を学んでおくことです。とにかく縁起や験を担ぐというのは、非常に個人的なことです。

そうした分野で失敗をしないためには、言霊信仰やタブーの一般論の基礎をしっかりとつかんでおくことです。そうすれば、相手の縁起や験の信仰を敏感に察知することができます。

失敗しないような忌み言葉のマスター方法

タブーというのは、社会人類学で使われた言葉が日常化したものです。未開社会や古代社会で行われていたグループや社会の規範のことです。これをしても良い、あれをしてはいけないという、規範です。

どうしてこうしたものができてきたかというと、科学がまだ無力であったころには、聖と俗というものが社会の言行の規範にありました。今では科学で説明されている物事の出来事がこうした聖と俗のような考え方で説明されていたのです。

こうしたところから一番の神秘である死ということに対しても多くのタブーができました。それは霊魂でもあり、死者がよみがえるということでもありますね。死者の復活を望むかあるいは蘇ってくる魂を恐ろしいものとしてとらえるかは、死者との関係にも大きく依存します。

この記事をシェアする
TOPへ戻る